PLEADYのパフォーマンスにはエビデンスがある。テーピングは、消耗品から愛用品へ。

テーピングとは

◆キネシオロジーテープとは


キネシオロジーテープは別名『人工筋肉テープ』とも呼ばれ、人間工学に基づいて開発されたテーピングテープです。人間の体の動きを研究する学問を「キネシオロジー (kinesiology:人体運動機能学)」といい、由来はここにあります。また、ヒトの筋肉と同等の伸縮性を持つことで、患部に対する負荷を減らし、関節や筋肉の保護や運動機能を助けてくれる働きをします。

PLEADYのキネシオロジーテープは、肌に優しく「通気性」を確保しているもの、汗や水でも剥がれにくい「撥水性」に優れているもの、「伸縮性や強度」などスポーツに適しているのものなど、さまざまな場面で活用することができます。 また、従来は目立たないベージュ色が主に使われていましたが、最近では多様なカラーも増えており、スポーツチームでは、チームカラーに合わせた「カラーキネシオロジーテープ」を使用することもあります。

◆テーピングの目的

  1. 応急処置
  2. ケガの再発防止
  3. リハビリや日常生活の向上
  4. アスリートのパフォーマンスアップ
  • テーピングは、スポーツや日常生活でケガをした際に応急処置や、ケガの再発防止として使用されます。患部を圧迫・固定することで悪化を防ぎ、痛みの緩和や負担を軽減します。また、筋肉や靭帯をサポートし、リハビリ時の補助や、プロアスリートのパフォーマンスをサポートします。


◆テーピングの効果

  1. 関節可動域の制限
  2. 安静位保持
  3. 患部の圧迫
  4. 筋肉や腱、人体の補助・補強